失敗しない幼児英語教育のためのお役立ち情報

幼児から始める英会話で効果的なものとは?

なぜ幼児教育は有効なのか

大人になってからの英語学習は、働きながらなので時間はないし、疲れているし、そんなに効果が上がらないしで苦行のようなものです。
そもそもなんで学生時代に何年もやっているのに満足に話すこともできないのか?と疑問を感じる方もいらっしゃると思いますが、現実は現実として受け止めるしかありません。
なんで、努力しても上達しないのか?何か秘密があるのか?と疑問に思い調べたところ、どうやら幼児期に原因があることがわかってきました。適切な幼児教育を施せば英語が苦手な日本人から脱却できそうです。これから生まれてくる我が子につらい思いをさせたくない、英語をマスターして世界で活躍して欲しいと願う方々には希望の持てるお話です。これからお伝えするのは、何度でもチャレンジできなくて、一生のうち幼児期にしかできない事です。チャンスは一度っきりです。また、相手は正しく自分の意思を表現できない幼児です。親が正しく導いてあげなくてはいけません。
そのためには、人が母国語を身につけるプロセスについて理解を深める必要があります。正しい理解に基づいた方法を選択しなくてはいけません。目指すのは、「我が子を日本語と英語のバイリンガルにする!」です。
このサイトでは、最新の研究にやさしく触れつつ、幼児期の英語教育しか効果がでない理由を理解していただきます。次に残念ながら日本人だけにあるハンディキャップに触れた後に日本に居ながらでも可能な教育方法についてお伝えします。どうぞ最後までお付き合いください。

おすすめリンク

新宿のビジネス英会話学校

新宿にある英会話学校をまとめました。短期間で効率的にビジネス英会話をマスターしたい方へ。

たった一度のチャンスを確実に生かすための情報

なぜ幼児期に英語教育をやるのが良いのかは、最新の研究から明らかになっています。なんと赤ちゃんは、生まれてきたときには地球人なんです!何を当たり前なことをと思われるでしょうけど、赤ちゃんのときにはどの国で生まれようが一緒なんです。そこに幼児期の英語教育が有効な理由がありました。

日本人特有のハンディキャップ

全てが幼児教育につながるわけではありませんが、日本人に生まれてしまった故に背負っているいくつかのハンディキャップがあります。よく日本人は特別論を聞くことがありますよね?それを否定する話も同時に聞きます。しかし、英語を学習することについては確かに特殊だったのです。

具体的な幼児英語教育の方法

さて、具体的な教育方法は何があるのか?日本でもできそうな、手の届く方法を探っていきましょう。ポイントは、始めるのに適切な時期とダイレクトコミュニケーションです。 また、幼児教育の次の教育についてご説明します。単に英語をしゃべれるだけではグローバルで活躍する人間にはなれません。