失敗しない幼児英語教育のためのお役立ち情報

>

具体的な幼児英語教育の方法

適切なタイミングとダイレクトな方法で

まず実施するタイミングです。研究結果によると3歳から7歳が目安です。7歳を過ぎると急速に英語を学習する力が落ちてきます。つまり日本語脳が固まるわけです。次にダイレクトなコミュニケーションが無いと効果はあがりません。つまり大人が通勤途中に教材を聞くようなやり方ではダメなんです。
この2つの条件を満たすのは、ずばり英語でお話しする幼稚園に入れる方法です。しっかりした英語を話すネイティブの先生がいるところを探します。どんな幼稚園も体験コースが用意されているので、まずは体験してみましょう。
近くに適当な幼稚園がなかったらどうするか?その時はバイリンガルのベビーシッターがおすすめです。今は、バイリンガルベビーシッターをマッチングするサイトはいっぱいあります。根気よく探せばきっと良い人が見つかるはずです。

幼児英語教育のその後が重要

幼稚園に入れて安心してはいけません。その後の方がもっと重要なんです。
継続は力なりと言います。せっかく身につけた英語脳を錆びつかせないように英語に触れる機会を増やす努力を怠ってはいけません。幼児と違って学生や大人向けの教材やサークルなどは溢れるようにありますので見つけるのに苦労することはないでしょう。
しかし、それよりも重要なことがあります。しばらく前に話題になった最近の学生は問題文の意味を判読できない現象のように、そもそも基本的読解能力を磨かないといくら英語が話せても空疎な結果となります。読解能力が劣っていると一生涯のハンディキャップを背負うことになります。
ではどうやれば読解力が伸びるのか?読書と親のフォローが一つの答えとなります。読書といっても漠然と読むのではなく、深く考えながら読むのが重要です。そのために親のフォロー、問いかけが深く読むためのきっかけになります。根気よく進みましょう。


この記事をシェアする